暑くて夜寝られない時、ぐっすり眠る方法

真夏の暑さ

世界的な異常気象で温暖化。

日本の夏は、夜になっても30℃越えになる状態が続くようになり寝苦しくて仕方がないですよね。

明日は会社があるのに、学校があるのに、用事があるのに…。

できればグッスリ眠りたい。でもどうすればいいのか。

こう思いませんか?

暑くても工夫次第で、グッスリと眠ることはできます。

グッスリ眠る最強の方法はクーラー

真夏、外が30℃越えだと、室内もそれに近い温度になってます。

これでは、なかなか眠れません。また、眠れたとしても暑くて起きてしまい、眠れなくなってしまうこともあります。

このような時、一番簡単にグッスリ眠る方法は、クーラーを使うことですw。

クーラーを使うことで、室内の温度が低くなるので快適に眠れます。

ただ、クーラーをずっと付けっぱなしだと、風邪を引いたり冷え過ぎて体調を崩すリスクがあるので、できれば、タイマーをかけておくといいです。

クーラーを使うデメリットは、

・電気代がかなりかかる
・身体の調子が悪くなることがある
・身体の調整機能が衰える

などです。

年金暮らし、学生のひとり暮らしだと、クーラーを使うことで電気代金が跳ね上がるのは困ってしまいますよね。

また、お年寄りや女性の中には、クーラーは苦手という人も少なくありません。

クーラーを使わずに、快眠するには?

クーラーを使わずに快眠する方法はいろいろあります。

・扇風機を使う
・窓を開ける
・お風呂に入ったり、シャワーを浴びる
・クールタイプの寝具(敷きパッド、布団、タオルケット、枕、など)を使う

私はすべての方法をやってます。

結構、効果があるのは、氷枕。

アイスノンなどのジェルタイプが手軽です。

アイスノン

通常タイプのものなら、冷たさは8~10時間持続するので、就寝から起床まで持ちます。

冷やす場所は、頭、わき、股、首など。

使い方ですが、直接肌に触れると冷た過ぎるので、タオルなどで巻いて使うようにします。

それほど暑くないのであれば、アイスノンの代わりとして、濡らしたタオルを使っても構いません。

これなら、費用もほとんどかかりませんし。

暑さに強い身体を作る方法

これからも暑さが続きますが、そもそも身体が暑さに耐える力が強ければ、クーラーなどを使わなくても、十分に暑さをしのげます。

暑さに強い身体を作るために大事なのが、「健康で強い身体」です。

すなわち、身体の各機能が十分に働けるように身体の各臓器が健康であるってことです。

このために必要なことは、

・適度な運動
・バランスが取れた食事
・快適な睡眠

です。

特に食事は大事で、暑いからといってあっさりしたものばかり食べていたら暑さに負けてバテてしまいます。栄養価が高い肉、うなぎなどスタミナ食をガッツリ食べるのがおすすめです。

また、食べたらそれをしっかり消化吸収するために、運動をすることも大事です。じゃないと、身体が丈夫になりません。

お年寄りなどは、あまり多く食事を摂れませんよね。でも、量を摂れなくても質を重視することで、少量であっても食事の効果があります。

幸せポイント

「ぐっすり眠るためには、冷やすこと&食べることが大事」

暑い時には、部屋自体の温度を低くすること、自分の身体を冷やすことの2つを行います。

これにより、暑い夏でも乗り越えることができます。

あとは、しっかり食べることです。しっかり食べてスタミナをつければ、ちょっとぐらいの暑さなんて平気になります。すると、熱中症になるリスクも減ります。

ただ、いくら暑さには強い人でも、真夏に外出する時は、ちゃんと熱中症対策はすべきです。

暑さが続くことで体力がいつの間にか低下していることもありますからね。

油断大敵ですよ(*^▽^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP