部屋を常にきれいにしておく方法とは?

部屋

いつの間にか部屋が汚くなってしまう。

このようなことはないでしょうか?

部屋はきれいな方が気持ちよく生活できるはずです。

でも、きれいにできない人はできないし、きれいにできる人はできる。

この差はどこから来るのでしょう。

部屋を常にきれいにするには?

たまにテレビなどで見るのですが、部屋がすごく汚い人がいますよね。まるでゴミ屋敷みたいにw。

なぜ、こんなに汚いのでしょう。それは、部屋をきれいにするポイントを抑えてないからです。

部屋を常にきれいにするために大事なポイントはこちら。

1、部屋を定期的に掃除、整理整頓する
2、物を置く場所を決める
3、不要なものは買わない、不要なものは捨てる
4、使ったら元の場所に返す
5、掃除や整理整頓がうまい人にアドバイスをもらう

です。

まず1。

部屋がきたなくなったら掃除をするのではなく、1週間に1度とか決まった時間に掃除や整理整頓をすると、部屋はきれいなままで維持できます。

ただし、あまりに掃除するまでの期間が長いと汚くなり過ぎてしまい、掃除したくなくなるので注意が必要です。

次に2の物を置く場所を決める。

置く場所が決まっていると、どこに何があるかすぐわかり、物を探すのが楽になります。逆に物を探すがの大変だと、探しているだけで疲れてしまいます。また、置く場所がはっきりしていると、整理整頓も手間がかかりません。

3の不要の物を買わない。

物が少なければ少ないほど片付けることが楽になります。ですから、必要なものだけを買うようにするといいです。

また、使ってない不要なものは捨てた方がいいです。例えば、1年間で1回も着たことがない服は、なくても困らないはずです。こういうものは捨てた方がいいですね。

4の使ったら元の場所へ戻す。

使ってそのまま、放置すると散らかってしまいます。これを何度もやっていると、収集がつかなくなります。こうなる前に使ったら、元へ戻します。

何かを使うという行為は使ったら終わりではなく、元に戻すことで終わりになります。

最後に5の掃除や整理整頓がうまい人にアドバイスをもらう。

自分で掃除や整理整頓ができないなら、上手にできる人に自宅まで来てもらって、直接アドバイスをもらうのがいいです。

もし、お金を払えるならプロに依頼するのも1つの方法です。

部屋を片付けるのは最初が肝心

「部屋が汚くなってきた。でも、面倒だな」

こういう風に思うことってありますよね。

でも、いざ掃除を始めてみると、やれちゃうもんです。

つまり、嫌々でも身体を動かして掃除をやると、どんどんできるんです。

ですから、まずは全部やろうと思わずに、ちょっとしたことから始めるといいです。

私の場合は、部屋の掃除は週に3回ぐらいやってます。

これだけできるのは、1回の掃除にかける時間がわずか5分ほどだからです。

もし、掃除を30分やるのなら、続けるのは嫌になってしまうと思います。

このようにちょっと掃除のやり方を変えることで、掃除することを習慣にできます。

一人で掃除をやるのが大変なら複数でやる

掃除や整理整頓をやろうと思う時、量がたくさんあるとやる気が起きなくなりがちです。

このような時には、一人ではなく、誰かに助けてもらうといいです。

一人より二人、二人より三人とより多い人数でやれば、やる気もキープできます。

また、環境を変えると、掃除や整理整頓がスムーズにできます。

例えば、起きに入りの音楽をかけながらやるとか、30分以内にやると決めてそれができたら、自分にご褒美をあげるとか。

工夫しだい掃除や整理整頓をスムーズにできます。

幸せポイント

幸せポイントは、「掃除と整理整頓も修行のうち」ですw。

部屋が汚かったり、整理整頓ができてない時は、心も乱れてます。

欲求のままに物を買ってしまったり、物に執着していて捨てられなかったり、面倒くさくて掃除ができてないのは、心に問題があるんです。

たぶん、多くの人は、今使っているものが半分になっても、ちゃんと生きていけるでしょう。

それだけため込んでいるってことですねw。

私もこれからどんどん捨てていかないとなって思ってます(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP