犬を飼ってみてわかった、良い点、悪い点

トイプードル

うちには、犬が1匹います。犬種は、トイプードルです。

以前は2匹でしたが1匹は歳をとって病気となり亡くなりました。

トイプードルを飼い始めて6年ぐらいですが、犬を飼う前と飼わない前で生活はだいぶ変わりました。

犬を飼って良かった点と悪かった点

犬好きな人なら、犬を飼いたいと思いますよね。

うちの近所でも犬を飼っている人の方が飼ってない人より多いです。

そして、今は、犬だけでなく猫も大変人気になってます。

実際に犬を飼ってみて良かった点もありますし、悪かった点もあります。

犬を飼って良かった点

1、一緒にいると楽しい
2、癒やされたり、寂しい時に、寂しさが紛れる
3、知らない人と仲良くなるきっかけになる

何といっても犬を買って良かったことは1と2ですね。

これがすべてといってもいいでしょう。

犬を長く飼っていると家族みたいになってしまうので。

犬を飼って悪かった点

1、お金が結構かかる
2、毎日、散歩に行かないといけない
3、病気などになると心配になる
4、出かける時に預けたり、連れていく必要がある

犬を飼って頭が痛いのはお金がかなりかかることです。

特に病気となになると、1回で数千円とかかかってしまうので家計が大変です。

また、犬も人と同様に病気とかになるとやはり心配してしまいます。病気がちな犬だと、気苦労が絶えません。

あと、泊まりがけ出かける時、犬を連れて行けないと預けないといけません。

だから、泊まりがけのお出かけを躊躇してしまうこともあります。

また、犬を一緒に連れていく場合、行く場所が犬を連れていってもいいところに限定されます。

私は元々犬嫌いだった

私は元々、犬が好きだったわけではないです。どちらかというと嫌いなほうです。

子供の頃、犬に吠えられて泣いたことがあって、その時以来のトラウマがありますw。

ですが、今は犬好きってほどでもないけど、犬が嫌いでもないです。

でも、犬はいたほうがいいです。やはり、犬がいることで、(ちょっとやっかいだけどw)家族が増えたと思えるからです。

たぶん、いなくなったら寂しくなってしまうでしょう。

今、核家族が進んでますよね。ひとり暮らしの人も増えてます。

ですが、人はやはり温もりが欲しいんです。

だから、犬などのペットがいると、その温もりが得られます。

もちろん、動物ではなく、人が一番いいのかと思いますが、それは必ず叶うわけではありませんからね。

お金をかけずに犬を飼うためにできること

犬を飼うのに一番のネックになるのがお金です。だから、節約することができたら嬉しいですよね。

これから犬を飼うのであれば、飼う犬は小型犬の方がいいです。なぜなら、中型犬や大型犬に比べるとお金がかかりませんから。

さらに、犬を飼う時にかかる費用について詳しくみていきます。

まず、病院代と注射代。これは、節約できません。もし、病気などで大きな出費になるリスクを解消したいなら、ペット保険に入るのが1つの方法です。

次に、餌代ですが、小型犬などでしたらそれほどかかりません。もし、中型犬とか大型犬だとしたら、結構かかります。

餌代の節約は、難しいと思います。品質はいいものを選びたいですからね。

なので、餌代を節約するためにできることは、できるだけ安く購入できるショップを選ぶことぐらいです。

費用が結構かかるのがカット&トリミングの費用です。人間よりもずっと高いですw。

犬用のサロンは複数あるので、安いところを見つければ節約ができます。

また、もっと節約したいなら、カット&トリミングを自分でやってしまうのが1つの方法です。

今なら、カット&トリミングを教えてくれる講座などがあるので、これを受けて学べばできるようになります。

幸せポイント

本日の幸せポイントは、「犬は苦楽をともにする家族」です。

犬を飼うと、犬は家族の一員となります。もし、いなくなったら寂しくなります。

これは、犬も同じです。うちの犬は人がいないと寂しがります。

まるで、小さな子供とおんなじですw。

大変なこともありますが、まあ、一緒にいられることは幸せなのでしょうね。

ただ、だんだん歳をとってくると犬に限らずペットの世話をすること自体大変になってくるので、いつかは飼えなくなるでしょう。

犬を飼うのには責任がありますからね。

これから、犬を飼うなら自分が飼えるかどうか、飼えないのなら無理に飼わない方がいいと思います。

関連記事はこちら


PAGE TOP