絵が上手に描ける「AutoDraw」を試した、AIの進化が止まらない!

先日、NHKで『NHKスペシャル 人工知能 天使か悪魔か2017』という番組が放送されていました。

これを見ると、今後人間の生活スタイルが、大きな変化をするのは避けられない。

こう実感します。

変化の大きな原因はAIの進化。AIは今や人間を越えるレベルにまで到達して、将来人間の仕事の大部分を担うと言われてます。

それが、いよいよ現実味を帯びてきました。

絵が下手な人の救世主?「AutoDraw」

私は絵も字もうまくありませんw。

うまくなりたいなって思いますが、才能と努力の両方とも不足してます。

だから、絵や字がうまい人は、うらやましいです。

でも、「AutoDraw」を使うと、絵が下手な人でもうまい絵が描けるようになります。

「AutoDraw」は、Googleが開発したAIを搭載したお絵かきソフトです。

AutoDraw

仕組みは、人間が描いた絵から何を描きたいかを類推して、きれいに描いた絵を提示してくれるというものです。

例えば、猫を描きたいとしますよね。

人がまず猫の絵を描きます。

すると、「AutoDraw」はその絵から、人が描きたい絵の候補を複数示すので人はその中から描きたい絵を選ぶだけでいいんです。

今なら、音声や文字入力でも描けると思いますが、人が実際に絵を描くという行動と結びつけることで、自分で絵をうまく描けるという体験をよりリアルに感じることに近付く感じがします。

こちらが私が実際に描いた絵です。

傘と猫

どうでしょうか?

このぐらいの絵であれば、1分ぐらいで描けちゃいますw。

人工知能で世界はどのぐらい変化するのか?

これは予想できませんが、ありとあらゆる産業に影響を及ぼします。

また、生活はかなり変化してしまいます。

資本主義の経済活動では、仕事で対価を得て、生活するというスタイルが定着していますが、これが変わってしまう可能性があります。

AI革命で、ホワイトカラーの仕事の多くはなくなります。

また、サービス産業も多くはAIロボットなどに置き換わっていくでしょう。

すると、人は何をやればいいの?と思うかもしれません。

たぶん、働かなくても人が生きていけるようになる社会になっていきます。

ですので、人は他のことでやりがいや生きがいを見つける必要があります。

例えば、芸術や音楽などのクリエイティブなこと、AIテクノロジーの企画や開発、新分野の研究、宇宙開発、etc。

つまり人はAIを社会に取り入れながら共存していくことになります。

AIは使い方次第で、人間を幸福にも不幸にもする

AIに限らずですが、科学技術は使い方が大事です。

悪意を持って使えば、人類を滅ぼしかねません。

ですのでAIについても、その使い方については議論しながら進めていく必要があるでしょう。

AIが一般の人の生活にドンドン入ってきてますが、その正当性や妥当性に関しての議論はほとんど進んでいません。

ですから、AIの導入は、今後いろいろなトラブルを生むと思います。

実際に、AI導入で増えた個人タクシーは、タクシー業界に大きなインパクトを与えました。

これにより、タクシー会社がつぶれてしまいましたから。

たぶん、今後、このような変化は日常茶飯事となるでしょう。

個人レベルで、どうこの社会を生きていくか?

AIの導入は今後、急速に増えてきます。何がどう変わるかは予測がつきません。

個人レベルで、この変化にたいしできることは何か。

ハッキリ言ってわかりませんw。

ですが、臨機応変に対応していくしかないと思います。

そして、人にはそれができるはずです。

幸せポイント

「AIをうまく生かせば、豊かな未来が待っている」

こう思います。

将来、今の多くの職業がなくなるのは確実です。もしかしたら、仕事という概念さえ、消失しているかもしれません。

逆に言えば、人は初めて「働かないと食べれない」という呪縛から解放されようとしているんです。

これは、今の価値感からすると驚くべきことです。

でも、それは確実にやってきます。

10年後、いや20か30年後先には訪れるかもしれません(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP