NHK奇跡のレッスンは学びの宝庫

奇跡

私にはお気に入りのテレビ番組がいくつかあります。

その1つが、NHK「奇跡のレッスン 世界最強のコーチと子供達」。

これは、特定の分野の世界的なコーチが子供達に短期間コーチをする番組です。

コーチによって、子供達はみるみる変わっていきます。

さらに、まわりの日本人コーチや大人も変わっていきます。そして、これを見る視聴者も変わります。

奇跡のレッスン、何がそんなに凄いのか?

奇跡のレッスンには、いろいろな分野のトップコーチが出演しています。

今まで登場したコーチの分野は、

・陸上
・ゴルフ
・チアリーダー
・バスケットボール
・卓球
・合唱
・野球
・アート
・料理
・etc

コーチの教え方は個性的です。まったく同じものは1つもありません。

しかし、どのコーチもどのような教え方をすれば、子供達の変化を促進させるかを熟知しています。

だから、臨機応変にうまく子供達を導くことができます。

単に技術的なことだけでなく、ハートや考え方にも踏み込んでレッスンをするため、そのやり方は、誰が見たとしても何らかの気づきや学びを得られると思います。

いいコーチは、観察力が鋭い

これは、奇跡のレッスンに登場するすべての世界最強コーチに共通することですが、コーチは子供のことをしっかりと見て、把握しています。

つまり、子供のことを知ることに長けています。

だからこそ、どうすれば子供に変化を与えることができるかがわかるんです。

コーチは、自分の教えたいことを教えるだけではダメです。

どういう教え方をすると、子供にとっていいかがわからないといけません。

じゃないと独りよがりとなり、子供を変えることはできません。

どんな子供も成長する力を持っている

教えられる子供はごく普通の子供です。

通常は、日本人のコーチが教えてますが、そう簡単に彼らを変えることはできません。

でも、世界最強のコーチは短期間で彼らの意識や行動を変えていきます。

ですから、日本人のコーチも子供達同様にそのコーチからたくさんのことを学んでいるようです。

そして、子供達の親もまた、世界最強コーチから学びを得ています。

この番組を見ていると、子供は原石のように見えます。

磨けば磨くほど輝いて、いつしか宝石となります。

ですが、導き方が悪ければ、原石のままになってしまいます。

だからこそ、大人(コーチや親)の責任は大きいと思います。

NHK奇跡のレッスンから私が学んだこと

この番組を見て私が一番学んだことは、

「何を学ぶかよりも、誰から学ぶかが大事」

だということです。

もし、何か新しいことを始めたいなら、教え方が上手な人から学んだ方が早く上達します。

これを間違えてしまうと、なかなか自分の力を伸ばせなくなるでしょう。

幸せポイント

本日の幸せポイント。

「人は人によって変わる」

です。

そのためにも、自分がどうありたいのか、どう変わりたいのか。これを知っておく必要があります。

変わりたい自分がわかれば、変わりたい自分を変えてくれる人を見つけやすくなりますからね。

人は勝手に成長するんじゃない。人は人によって育まれて成長する。

奇跡のレッスンを見ていて、そう思います。

関連記事はこちら


PAGE TOP