やっぱりご飯がうまい!ご飯のお供、私のランキング

ご飯

私はご飯もパンもうどんもソバも食べますが、やっぱりご飯が一番好きですね。

なぜなら、飽きがこないんです。

最近の風潮として、ご飯は炭水化物が多いからダイエットの敵に見られることが多いです。

でも、太っているなら、食べ過ぎなければいいだけですからねw。

そして、ご飯を美味しく食べるのに欠かせないのがご飯のお供。

ご飯に合ったご飯のお供を選べば、ご飯は何杯でもいけちゃいます(*^o^*)。

私のご飯のお供ランキング

ご飯のお供というと、何が思いつくでしょう?

これは、ひとりひとり違いますよね。

私は一般庶民なのでw、高級なものは好みません。どちらかというとシンプルなものが好きです。

私のご飯のお供ベスト10がこちら。

10位 のり玉

のりたま

丸美屋ののり玉をかけたご飯。子供の頃によく食べていました。

パッケージは昔から緑を基調としたものでしが、昔のパッケージの緑色は今よりももっと濃かったと思います。

9位 ごはんですよ

ごはんですよ

こちらも、子供の頃に好きだったご飯のお供です。

昔はごはんですよという名前ではなく、えどむらさきという名前でした。

小学校3年生の時に、ごはんですよでご飯をお茶碗5杯(今までの最高)食べたことがありますw。

今ならとても無理ですけどね。

8位 しらすかけご飯

しらす

しらすをかけたご飯。

しらすにも美味しいしらすと不味いしらすがあります。

新鮮なものを選ばないとダメです。

7位 白菜のお新香

白菜のお新香

アツアツのご飯に白菜のお新香。これはとても美味しいですよね。

最近、白菜のお新香はあまり食べてないです。

正月によく食べますw。

6位 カブとキュウリのお新香

カブとキュウリのお新香

カブとキュウリをそれぞれ適当に切って、塩をまぶしてしばらくおくとできあがり。

簡単なのに、美味しい。

カブだけ、キュウリだけのお新香でも十分に美味しいですが併せることでさらに美味しくなります。

5位 梅干し

梅干し

定番中の定番の梅干し。

子供の頃はそれほど好きじゃありませんでした。

でも、今はそのシンプルな美味しさに惹かれます。

食欲がない時でも梅干しがあると、ご飯をしっかりと食べれます。

夏バテの時なんかにもおすすめです。

4位 山かけご飯

山かけご飯

山芋をすってお醤油をかけて食べる山かけご飯。

シンプルだけど、これで何杯もごはんが食べれます。

3位 卵かけご飯

卵かけご飯

今では専門店もあるぐらいですが、卵かけご飯って昔からありますよね。

卵と醤油だけなのに、とてもご飯を美味しくしてくれます。

子供の頃から好きですが、今でも大好きです。

2位 納豆

納豆

健康にもいい納豆。

1日に1回とは言いませんが、週に5回は食べてます。

納豆の種類もいろいろありますが、私の好みはおかめ納豆。

味が一番おいしいと思います。

1位 大根おろし

大根おろし

単に大根をおろして、そこに醤油をかけるだけ。

とても簡単にできます。

でも、さっぱりしていてとても好きです。

ご飯を美味しく炊くコツとは?

ご飯食の主役はやっぱりご飯です。

ご飯が美味しくないと、いくらおかずが美味しくてもダメですよね。

ご飯を美味しく炊くコツは

・炊き方
・お米選び

この2点です。

今は、かまどで炊くのと変わらないぐらい美味しく炊けるとても値段が高い炊飯器が売られてます。

確かに美味しく炊けるんでしょうね(食べたことないけどw)。

うちでは、ガスと電気、両方とも使ってます(炊飯器は普通の値段のもの)。

私の感覚ではやはりガスで炊いた方が美味しく感じます。

ですので、美味しく炊きたいならガスで炊くのがおすすめです。

あと、お米選び。

これは好みがあると思います。

個人的には、ササニシキやコシヒカリのような定番も美味しいと思うし、北海道のゆめぴりかもいいと思います。また、秋田のあきたこまちも悪くありません。

種類がたくさんあるので、食べ比べて一番美味しいと思うものを選べばいいと思います。

幸せポイント

今日の幸せポイントは、「ご飯とお供があれば、それだけで幸せ」です。

食事はおかずがたくさん付くと、豪華になります。

でも、私はご飯と好きなご飯のお供だけでも、食事としては十分満足できます。

極端な話し、ご飯と梅干しだけでもいいんですよねw。

ただ、栄養バランス的には、いろいろなおかずがある方が優れています。

だから、ご飯は少なめにしておかずは多めの方が健康のためにはいいですね(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP