クーラーを使わず暑い夏を涼しく過ごす方法

クーラー

30℃を越える日が、だんだんと増えてきました。

すると、暑くて耐えられない場合、クーラーを利用する人も多くなります。

でも、クーラーの使い過ぎは身体にもよくないし、電気代もかかります。

できれば、クーラーを使わずに過ごせたらいいですよね~。

できる限りクーラーを使わない方法

クーラーをまったく使わない。

今の日本だとこれは、キツいと思います。

でも、できる限りクーラーを使わないで済ませることは可能です。

そのために、私がおすすめする方法はこちら。


・すべての窓を開けて風を取り込む
・薄着をする
・湿らした服を着る(超暑い時)
・庭があるなら打ち水をする
・油物を食べてスタミナをつける
・かき氷など冷たい食べ物を食べる
・よしず、すだれ、サンシェードなどで日光を遮る
・扇風機を利用する(濡れタオルなどを前方に置くと効果的)
・シャワーを浴びたり、お風呂に入る
・保冷剤を使って首やわきの下を冷やす
・etc


これらの方法を実際に試してみて、自分がいいと思う方法を続けてみて下さい。

私の場合、上記方法で去年は自分の部屋では一度もクーラーを使わずに過ごせました。

クーラーは電気代がかかるという事実

日本の電気代は高いですよね。

我が家では、冬にはクーラーや電気ストーブをを使うので電気代が2万円を超えています。

しかし、夏にはクーラーや電気ストーブを使わないので電気代は7000円もかかりません。

もし、夏にもクーラーを使ってしまうと、たぶん2万円近くになってしまうでしょう。

ちなみに冬にクーラーや電気ストーブなどの電気製品を使うのは、安全対策のためです。

石油ストーブなどにすれば、電気代はかなり下がりますが、火事や一酸化炭素中毒などの危険性が高くなります。

だから、うちではコストが高くなってしまうにもかかわらず、電気製品で暖房をしてます。

デパートやファミレスに行って避暑?

デパートやファミレスなどは、クーラーが効いているので快適です。

暑い時には避暑のために、利用する人もいると思います。

しかし、こういう場所ばかり利用していると、人が本来持っている温度調節機能が衰えてしまいます。

私の場合、夏にクーラーを使わなくなったら汗をとてもかくようになりました。

クーラーを使っていた時は、汗をかかずに済みましたが今のほうが健康にはよいと思ってます。

でも、「クーラーを絶対に使ってはいけない」とは思いません。

今は夏の暑さが厳しくなっているので、ひどい暑さの場合にはエアコンを使うべきでしょう。

幸せポイント

本日の幸せポイントは、「クーラーを賢く使えば、節約しながら健康になれる」。

これから、30℃を越える日が増えてきますが、私の感覚では35℃を越えるようならエアコンを使い、それ以下であればクーラーなしでも大丈夫かなと思ってます。

さすがに35℃を越える日はクーラーを入れておいたほうが無難です。

夜寝る時、寝苦しいとクーラーを入れたくなってしまうのですが、夜は昼よりも気温が下がるので、昨年はエアコンを使わずに済みました。

さて、今年はどうでしょうね(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP