検索すれば何でもわかるの落とし穴

テクノロジー

わからないことがあると、私はよく検索して答えを見つけてます。

とても便利ですよね。

でも、検索って大きな落とし穴があるんですよね。

検索エンジンは神様ではない

今はわからないことがあったら、ググればいい。

こう思ってしまっている人は多いと思います。

実際にググればほとんどの問題は解決しますからね。

しかし、何でもかんでも検索で解決しよとすると思わぬ失敗が生じます。

それは、

・自分で解決する力が身に付かない

ってことです。

ネットがあれば、調べればいいだけなので、解決できる力がなくても問題ない。

こう思うかもしれません。

しかし、ネットは神様ではないので解決できないこともあります。

また、ネットで解決する方法が一番よい解決方法とは限りません。

それに、ネットの解決方法は古くて使い物にならないこともあります。

何よりも問題なのは、自分で解決しよとする力がなくなることです。

だから、チャレンジ精神がなくなり創造力が乏しくなりがちです。

特に危惧されるのは、今の子供達です。

生まれた時から、ネットやパソコンがあります。ですから、今や先生から教えてもらわなくても、ネットから答えを導き出せます。もはや暗記などは、必要ありません。

子供の教育は今後、記憶力や理解力重視から、発想力、創造力重視に変わらないといけません。

じゃないと、将来は人間は考えなくなってしまいいずれ堕落してしまうでしょう。

ターミネーターの世界が現実化するとは思いませんが、AIロボットにまかせきりの世界になる可能性があります。

創造力が大事になる時代へ

20年後、50年後の世界は全く想像ができません。

しかし、今とかなり違っていると思います。

ただ言えるのは、今人がやっている仕事の多くはAIロボットがやるでしょう。

価値感が変わり、生活は一変します。仕事という概念も変わってしまうでしょうね。

私はスター・トレックが好きでよく見ていたのですが、まさにあの世界のように、宇宙旅行が普通になったり、食事はオーダーすればすぐに出てきたり、現実と区別がつかないような仮想現実を経験できるようになるかもしれません。

産業革命で、肉体労働が減りましたが、今後はAIにより頭脳労働が減っていきます。

だから、人間にとってこれから一番必要な力は、創造力になると思います。

人間の創造力を育むには、どうしたらいいか?

子供の創造力を育むにはどうしたらいいでしょう。

今のような暗記中心の教育はダメです。

個性を伸ばすことを助けるような教育が必要です。ですので、知識を教えることよりも知識を利用して新たな智恵を生み出すことが大切です。

ですので、子供達を導く先生や親や周りの大人がどのように対応するかが重要になってきます。

子供よりも先に大人が変わらないと、子供の創造力がうまく育ちませんから。

先日、ニュースで今の子供達がなりたい職業がユーチューバーだという報道がされていました。

今の子供達はよくわかっていますね。

遊び心を大事に

私がこれからのキーとなるのは、「遊び心」だと思います。

遊び心を起点として、創造力や個性を発揮することで、今までにない新しいものが生まれていき、それが人々の生活を豊かなものにします。

汗水流して働くことが素晴らしいという価値感ではなく、自由に創造して、共に楽しむことが素晴らしいという価値感になるでしょう。

たぶん、子供達は、新しい価値感にすぐに慣れます。

問題は大人です。大人は今までの既存の価値感を変えるのが難しいからです。

なので、子供に見習うといいかもしれませんね。じゃないと、時代に取り残されますw。

幸せポイント

今日の幸せポイントは、「自由に創造を楽しむ」です。

子供だけでなく、大人ももっと遊んで楽しむようになるといいと思います。

今、その傾向は徐々に出てきています。

ですが、一方でそれをみて「世界はどうなってしまうのか?」と不安を抱いている人もいます。

しかし、インターネットやAIなど技術の発展で、世界が変動している時代ですから、これは、しょうがないことです。

まさに人類は、今大きな変換期を迎えているのでしょうね。

関連記事はこちら


PAGE TOP