歯がしみるならコレ、知覚過敏の予防と改善に効果があった歯磨き粉

以前、私は冷たいものや温かいものを食べたり飲んだりした時、歯がしみてました。

歯がしみるのってとっても辛いですよね。

毎日の食事の度に、不快な思いをしないといけませんから。

でも、ある歯磨き粉に変えてから、知覚過敏がなくなりました(*^o^*)。

私が使っている知覚過敏用の歯磨き粉

私が今、知覚過敏の予防のために使っている歯磨き粉はこちら。

知覚過敏用ディープクリーン

花王株式会社の知覚過敏用のディープクリーンです。臭いはハーブ系で癖がありませんし、磨いたあとにはスッキリして気持ちいいです。

これを選んだのは、近くのドラッグストアで販売されていた知覚過敏の歯磨き粉の中で、最も価格が安かったからですw。

普通の歯磨き粉よりも価格は高いのですが、私にとっての効果は抜群でした。

元々、使っていた歯磨き粉はいわゆる歯を白くするというものや値段が安いものでした。どちらかと言えば、歯磨き粉にはこだわりがなかったんです。

しかし、歯がしみるのをなんとかしたいと思ってこれを使ってみたんです。効果はそれほど期待してませんでしたけどね。

歯医者での知覚過敏の治療効果は今ひとつ

知覚過敏になった時、私が最初に頼ったのは、歯医者です。

何と言っても専門家ですからね。それにしみが結構強かったので、早く治したかったんです。

歯医者での知覚過敏の治療は、歯がしみる部分を特定してその部分に薬を塗布して様子を見るというものでした。

私の歯がしみた部分は、歯をかぶせた部分でそのかぶせを取って薬を塗ってまた、かぶせ直すことを何度か繰り返しました。

確かに全く効果がないというわけではないようなのですが、歯のしみるのが収まりませんでした。

何度も薬を塗っても治らないので歯医者さんは

「神経もすでに抜かれているので、これ以上やりようがない」

と言われました。

この不快感とずっと付き合わないといけないのかと思うと、憂鬱でした。

だから、知覚過敏の歯磨き粉を試したのは、わらをつかむ思いだったんです。

ディープクリーンの効果は数日で訪れた

期待をせずにディープクリーンを使い始めて、数日経過したあと気づきました。

「あれ、冷たいもの飲んでもしみない」

以前なら、冷蔵庫に入っていた牛乳を飲むとすぐに歯がしみてたんですが、それがなくなってました。

「ディープクリーンって凄い」

こう思いました。まさに、歯磨き粉の効果を実感したんです。

他の知覚過敏の歯磨き粉を試してないので、他の歯磨き粉でも効果はあるかもしれません。しかし、私にとってこれで十分ですw。

今では、全く知覚過敏はなくなったので、他の歯磨き粉に変えてもいいかもしれません。

でも、知覚過敏の予防のためにこれをずっと使い続けています。二度とあの嫌な思いはしたくないですからw。

歯磨き粉は、自分に合ったものを選ぶべき

メーカーの謳っているこの歯磨き粉の効果は

・歯がしみるのを防ぐ
・歯槽膿漏予防
・歯肉炎予防
・虫歯菌予防

の4つです。

今のところ歯の検診で、歯槽膿漏や歯肉炎や虫歯を指摘されたことはほぼないので、これらの効果はすべてあるように思います。

ただ、大事なことは自分に合っている歯磨き粉かどうかです。

いくらCMでも有名で、いろいろな効果あったとしても、自分にとって効果がないと意味がありません。

ですので、本当に自分に合った歯磨き粉に出会うまでは、いろいろ試してみるほうがいいと思います。

そのためにも、歯の健康状態は定期的にチェックした方がいいでしょうね。

幸せポイント

本日の幸せポイントは、「自分に合った歯磨き粉を選ぶ」です。

私の場合は、知覚過敏用のディープクリーンが合ってました。

自分に合った歯磨き粉を使えば、歯を磨いた効果が高くなり歯を健康に維持できます。

逆に、自分に合わない歯磨き粉を使っていると、毎日歯を磨いていてもその効果は落ちてしまうでしょう。

もし、歯を磨いているのに虫歯になったり、歯槽膿漏になったり、歯の調子が今ひとつだと感じたら、歯磨き粉選びが間違っている可能性もあります。

個人的には、歯磨き粉はある程度お金をかけた方がいいと思います。

なぜなら、使ってみると、その違いがハッキリわかりますから(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP