ストレスにも癒やしにもなるSNS、上手な使い方とは?

電車の中などで多くの人がスマホをいじってやっていること。

それはSNSとゲーム。

どちらもハマりやすいのが特徴ですねw。

SNS

SNSはストレス?それとも癒やし?

代表的なSNSと言えば、

・ツイッター
・フェイスブック
・インスタグラム
・ライン
・ミックスチャンネル

他にもいろいろあり、新しいSNSもドンドン出てきてます。

人気が出ると一気に利用者数が増えます。しかし、人気がなくなるとあっと言う間に消えていきます。

SNSは、新たに友達を作ったり、自分と同じ価値観の人と出会う場になり得ます。悩んでいた時には癒やしにもなるでしょう。

誰かに認めてもらいたい、褒めてもらいたい、受け入れてもらいたいという承認欲求を満たすことができるんです。

しかし、逆に自分を否定されて、自己価値感を落としてしまうこともあります。

だから、SNSは、諸刃の剣なんです。

また、SNSは多数の人が常に関わり合うことが可能なため、終わりがなくなります。

もう眠いのにやめられない。面倒なのに返事をしないといけない。

こういう状態になってしまうと、もはやSNSは癒やしではなくストレスです。

SNSを上手に使うためのコツとは?

SNSを上手に使うためのコツはいくつかあります。

・つながりを広げ過ぎない(誰かれかまわず交友関係を広げない)
・リアルな交友関係を一番大事にする(SNSは交友関係を豊かにするツールに過ぎない)
・利用時間を決めてそれを守る(自分の生活のリズムを整える)
・正しい使い方を学ぶ(知らないことで損をしたりトラブルになるため)
・困ったことがあったらすぐ相談する(事件に巻き込まれないため)

この中で、最も大事なことは、「SNSの利用をほどほどにする」ということです。

SNSは、コミュニケーション手段としては不完全で未熟です。

なぜなら、実際に会って話すのと違い五感全てを使うものではないからです。そのため、相手を深く理解することができないので、不理解が生じがちです。これが、トラブルの元になります。

SNSはこれからどうなっていくのか?

技術はどんどん進歩していきます。

そして、SNSもよりリアルなもの、よりエキサイティングなもの、より楽しいものになっていきます。

将来、今のSNSが色あせるほど、革新的なものが生まれると思います。

例えば、複数の自分の分身を作って、リアルと同じようにコミュニケーションできるようになるかもしれませんよ。

ただ、リアルなコミュニケーションはやはり必要だし一番大事であることに変わりありません。

幸せポイント

幸せポイントは、「SNSは使い方次第。毒にも薬にもなる」。

もし、SNSのコミュニケーションで失敗をしたとしても、それは悪いことだけじゃありません。

なぜなら、失敗から学べるからです。

私も過去に失敗したことがあり、トラブルになったことがあります(まあ、自業自得ですw)。

ですが、なるべく失敗はしたくないですよね。

だとしたら、SNSの使い方を自分なりに決めておいてそれを守る方がよいでしょう。

ちなみに、私は以前、フェイスブックをやってましたが、疲れてしまうので今はやめてます。

やめてから気づきました。別にやらなくても生活に困らないってw。

SNSも断捨離が必要な時代なのでしょう(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP