私が格安simをNifMoにした理由

4年間使ったauの契約の解約手数料がかからない切り換え時期が、6~7月。

なので、思い切って(笑)格安simに移行しました。

いろいろ検討したけど、結局Nifmoにしました。

NifMo SIMカード

格安simをNifMoにした理由とは?

格安simを比較するポイントは、

・費用
・回線速度
・利用できる付加サービス
・キャッシュバック
・サポート
・etc

いろいろあります。

でも、色々調べても、結局、どれが一番いいかわからないんですよねw。

なので、「えいやっ」って思い切ってNifMoにしました。

たぶん、費用はもっと安い所もあるし、速度ももっと速いところもあるし、利用サービスも、キャッシュバックももっとよいことろあるのかなって思います。

でも、帯に短したすきに長しという感じで、どれが1番とは必ずしも言えないんですよね。

だから、無難なところでNifMoに。

NifMoを選んだ理由をあげると

・Nifty ADSLを利用しているので基本料金が200円ほど安くなる
・キャッシュバックが付く
・サポートがまあよい(Chatにて)
・老舗のNiftyがやっている格安スマホだから安心

契約した内容について

私が契約したのは、

・単体SIM 音声3GB 1600円(税抜き)(オプション一切なし)

です(端末は、アマゾンから購入したためにsim単体を購入)。

ここから、Nifty ADSL利用者の割引き200円があるため

1400円(税抜き)=1512円(税込み)

さらにユニバーサル料金が毎月2円/月ほどかかるため

毎月合計額は1514円です。

3GBにしたのは、これで十分かなと思ったから。たぶん、1.1GBでも十分だと思うけど、1.1GBと3GBの差額は、260円しかありません。

また、全プランの中でコスパが一番いいのは、3GBプランになります(300円/GB)。

NifMo基本料金

アマゾン購入と公式サイト購入の比較

実は、NifMoはアマゾンからも購入できます。アマゾンから購入すると基本料金はかかりません。

なので、最初アマゾンから購入も考えたのですすが、実はこれは罠w。

場合によっては、公式サイトからの購入の方が安くなるんですよね。

私が契約した3GB音声プランの場合、「月額料金を除いて必要な金額」を比較してみます。

<アマゾンからの購入>

アマゾンでは6/1現在で909円でした(初期費用は3000円が無料)。そして、キャッシュバックが2000円です。

NifMo(アマゾン)

なので、支払うトータルの金額は

909-2000=-1091

つまり、1091円のプラスとなります。

<公式サイトからの購入>

公式サイトからの購入では、3000円(税抜き)の初期費用がかかります。しかし、キャッシュバックは、5100円です。

NifMoキャッシュバックキャンペーン

なので、支払うトータルの金額は

3000×1.08-5100=-1860

つまり、1860円のプラスとなります。

ですので、公式サイトからの購入の方が、1860-1091=769

769円ほど、公式サイトからの購入の方がお得になります。

ただ、契約内容や契約する時により条件が変わるので、一概に公式サイトからの購入の方がいいとは限りません。

なので、面倒ですが契約する時に比較しないといけません。

NifMoの申し込みから、実際に利用できるまでの流れ

1、キャンペーンサイトからNifMoの申し込みをする(キャンペーンサイト以外だとキャンペーンが適用できません。電話でもOKです)

2、契約内容やオプションを選択して申し込みをする

3、音声SIMの場合は本人確認書類の画像をアップロードする(免許証や保険証など)

4、NifMoから申込受付の案内メールが届く

5、Nifmoから本人確認書類の確認が完了のメールが届く

6、NifMoから商品発送の案内メールが届く(ヤマト運輸)

7、商品が届く

8、MNPの場合は、MNP回線切り替えをする

9、本体の設定(APN)をして開通を確認する


*キャッシュバックに関するメールは申し込み月を含めて8ヶ月目、つまり6月なら来年の1月に来ます。そして、その内容をチェックして振り込み口座設定をしたら、その翌月に振り込まれます。もし、メールを見逃すなどして手続きをしないと、キャッシュバックが適用されなくなるそうです。ちなみに私はすでにNifty会員で振り込み口座設定をされているようなので、何もしなくていい?と思っているんですがw。


以上です。

私の場合は、申し込みをしたのが6/1でsimカードが届いたのは6/5でした。

また、回線切り換えをしてから開通するまでの時間は約3時間ぐらいです。一応、本体の再起動をしました。

開通したら、こちらのようになります。NifMoはNTT Docomoの回線を借りているのでNTT Docomoにつながっています(赤丸の部分)。

NTT-Docomo

私が利用している端末はP9Liteですが、P9Liteの場合、端末のデフォルト設定の中にNifMoが入っているため、選択するだけで本体設定は終わりました。

一見結構いろいろやっているように見えますが、契約内容が決まればそれほどたいした作業はありません。

実際に動かしてみての感想

2日ぐらいしか経過してないのですが、特に問題ありません。

これから、使っているうちに問題出てくる可能性もありますけどね。

あと、NifMoの場合は、「My NifMo」、「NifMo半額ダイヤル」、「NifMoバリュープログラム」の3アプリをインストールしておくといいです。

My NifMo⇒利用状況とかwifiへの接続ができるアプリ

NifMo半額ダイヤル⇒電話料金が半額になるアプリ(音声simなら必須)

NifMoバリュープログラム⇒利用によりNifMo料金の割引きが可能となるアプリ

幸せポイント

本日の幸せポイントは、「NifMoに契約を切り換えて通信費用の節約」です。

一般的にはいわゆる3大携帯電話会社と契約するよりも、格安simに切り換えた方が料金は安くなります。

ただ、サービス、サポート、安定度などの点では、大手の方がいいのは確かです。

ですので、このデメリットを踏まえて格安sim会社と契約するといいでしょう(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP