光にする必要ってあるの?ADSLで十分じゃない

今、インターネットにつながってますよね。

ネットにつなげるための方法はいろいろあります。

光、3G、4G、LTE、CATV、ADSL、WiMAX。

この他にも外出先で使えるような無線LANもあります。

インターネット

やっぱりADSLはコスパ抜群

インターネットは高速なほど快適。

確かにその通りです。だから、理想は光回線です。

でも、私はADSLなんですよねw。

「田舎だからまだ光にできないんでしょ?」

って思いましたか。

いえいえw。

大都会に住んでいるわけじゃないけど、それなりに人口が多い所に住んでます。

だから、光にすることだって可能です。

でも、あえて光にしてません。

理由は簡単。光はやっぱり値段がお高い。それに光にしても宝の持ち腐れ。

光回線にすると、速ければ100Mbpsとか出ますよね(ベストエフォートなので、遅くなることもありますけど)。

でも、こんなに高速になってもそれほど恩恵はありません。

もちろん、4K動画とかを見るっていうのなら速い方がいいんですけどね。

HD動画ぐらいなら、4Mbpsぐらいで大丈夫です。ちなみに、現在、アマゾンプライムのHD動画を問題なく見ることができています。

先日、うちの回線の速度を測ってみたら6Mbpsほどでした。

今、光回線にしていてせいぜいHD動画とかを見るぐらいなら、ADSLにしたほうがコストが安く済みます。

「これから時代は光だ」とか、「今なら、料金がかなり安いです」とかいう甘い言葉に乗って光回線にし人も多いと思います。

しかし、光を薦める業者は儲かるから薦めるんですよねw。

今は光にすると月5000円はかかります(マンションならもう少し安いけど)。年間の費用は6万円です。

光電話にすると、通話料が別途かかります。でも今、固定電話はあまり使わないと思うので通話料はそれほど高くはならないでしょうね。

一方、ADSL回線にすると、NTTの固定料金も含めて約70%ほどの月3500円ぐらいで済みます。

年間にすると、4万2千円ほど。たいぶ安くなります。

通信費用を安くするなら格安sim

インターネットに接続する方法は光回線、ADSL回線、CATVのような有線系と3G、4G、LTE、WiMAXなどなどの無線系のタイプの2種類に分かれます。

一般的に3G、4G、LTEの契約は大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)とします。

また、回線が遅くなることもありますが、いわゆあるMVNO(仮想移動体通信事業者)と契約すると、コストがかなり低く抑えられます。

これらの会社が提供しているのはいわゆる格安simと呼ばれているものです。

今は、いろいろな会社が参入して乱立状態です。

たぶん、どこがいいか迷ってしまうと思いますw。

私もどこが一番いいかはわかりません。ですが、どこにしても価格が安くなります。

一人暮らしなら、無線系も選択肢の1つ

もし、家族がいて家でパソコンを利用してインターネットを利用するのであれば、やはり有線系のインターネットはつなげておくほうがいいです。

無線系だけだと、いちいちデザリングしないといけません。また、速度や安定度は有線系の方が断然上です。

一方、一人暮らしなら、無線系だけを契約するのもありです。むしろ、積極的に無線系を利用した方がコスパはいいです。

この場合も大手のsimではなく、格安simにすれば、通信費は安くなります。

幸せポイント

今回の幸せポイントは、「通信方法を見直す」です。

家計に占める通信料金はかなり高いですよね。

何も考えないで契約してしまうと、長期間にわたり高い料金を払い続けることになります。

もし、見直しをして月1000円安くなったとしても10年で12万円も通信料金が下がります。

本当に光回線が必要なのか、もっと安い通信手段はないのか。

これを定期的にチェックすることがおすすめです。

面倒かもしれませんけど、その面倒なことをやらないと高い通信料金のままです。

個人的なおすすめは有線はADSL。

無線は格安simです。

格安sim会社はサポートが手厚いところを選ぶのがいいと思います。

ただ、ドコモ、au、ソフトバンクに比べたらサービスもデータ品質も劣ます。

この点は注意してくださいね。

関連記事はこちら


PAGE TOP