やっぱりあると便利で手放せない!学習リモコン

複数のリモコン

テレビ、レコーダー、アンプ、チューナー、etc。

電気機器が増えると、当然リモコンの数も増えてきます。

でも、リモコンが増えると

・複数のリモコンを使うことは面倒
・リモコンがどこにあるかわからなくなる

このようなことがありませんか?

そんな時に便利なのが、学習リモコンです。

私が使っている学習リモコン「RM-A625-S」

私が今使っている学習リモコンはこれ。

学習リモコン「RM-A625-S」

JVCケンウッドが販売している学習リモコン「RM-A625-S」です。

私が購入した時の価格は3267円ですが今は少し高くなっているようです。

これ1つで最大で4台の機器を操作できます。

あらかじめほとんどのメーカーのリモコンコードが記憶されているので、機器の種類ごとにメーカー設定をするだけで、機器の操作ができます。

また、リモコンキーの中で特別に記憶したいコードがある場合、赤外線を利用してコードを記憶させることもできます。

一応、取説がありますがリモコン本体の背面にもやり方が書いてあるので、これを見れば誰でもできます。

「RM-A625-S」以外でおすすめの学習りもこんは、ソニーの学習リモコン 「RM-PLZ430D」。

学習リモコンの中では、今、最も人気があるようです。

こちらは、最大台の機器が操作可能です。また、値段も「RM-A625-S」より低価格です。

学習リモコンのデメリットはないのか?

学習リモコンを使って2年ぐらいは経ちますが、特に欠点はありません。

ただ、私の使っている「RM-A625-S」に関して言えば、使い方によってリモコンの反応が少しにぶくなります。

例えば、機器のリモコン受光部に向けてまっすぐリモコンを向ければしっかりとリモコンが効くのですが、リモコンの方向を斜めとか後ろに向けた時は、反応がしにくい、もしくはしないということです。

これは、「RM-A625-S」だけでなく他のリモコンでもそうかもしれません。

解決するためには、リモコンの赤外線の出力レベルをあげればいいんですが、そうすると電池の持ちが短くなってしまうでしょうね。

ただ、普段使っている時にはこれに関してそれほど問題とは感じません。

学習リモコンでエアコンや扇風機や照明もコントロールできるのか?

今はエアコンや扇風機や照明も当然、リモコンですよね。

これらの機器もリモコンで操作できたら便利ですが、実は学習リモコンでエアコンや扇風機や照明もコントロールできます。

ただし、赤外線のコードを記憶できる学習リモコンじゃないとダメです。

ちなみに、「RM-A625-S」は可能です。

幸せポイント

「学習リモコンがあれば、リモコンが1つにまとめられる」

学習リモコンは、複数の機器を使っている人であれば持っていて損はありません。

メーカーや機種によって値段は違いますがだいたい2000円~4000円ほどで買えます。

リモコンで不便さを感じている人は一度試してみたらどうでしょうか(*^o^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP