簡単!!パソコンでスマホ表示がどうなるかを見る方法

パソコンでスマホ表示

ホームページを見た時、パソコンとスマホでは見え方が違います。

スマホは画面が小さく、画面の縦方向が長いのですべてを表示できません。

そのため、省略されたり画面のサイド部分が後方に表示されたりします。

パソコンでスマホ表示を見る方法とは?

今、多くの人がスマホを持っているので、スマホでホームページを見ればスマホ表示が見れます。

しかし、パソコンしか持っていなかったり、スマホを持っていてもパソコンでスマホ表示をさせたい時もあります。

もっとも簡単にパソコンでスマホ表示させる方法はブラウザーのChromeを立ち上げて、F12キーを押すことです(F12を押すとデバッグモードになる)。

すると、このような表示になります。

F12キーでスマホ表示

この画像はiPhone6のスマホ表示画面です。

iPhone6以外にResponsive、GalaxyS5、Nexus5X、Nexus6P、iPhone6Plus、iPad、iPadProなどの表示画面にすることが可能です。

スマホ画面の下に出ているのは、画面を表示させてる言語のソースファイルになります。

もし、CHromeをインストールしてないならインストールすればOKです。

FireFoxやIEでもパソコンでスマホ表示させることは可能ですが、アドオンのインストールやユーザーエージェントの追加などが必要なので少し面倒です。

スマホをパソコンのように使い易くするには?

パソコンに比べるとスマホが使いにくいのは

・スマホはパソコンに比べて画面が小さい
・スマホはパソコンに比べて文字入力がしにくい

この2点です。

まず、スマホの画面。

これは、画面サイズの大きなスマホを利用することで、使い易くなります。

最近のスマホは大画面のものが増えているので、こういうスマホを使えば画面が大きくなり見やすくなります。

また、タブレットで電話機能がついたものを利用すれば、画面はかなり大きくなるためパソコンのように見やすくなります。

次に文字入力。

スマホの文字入力は、スペースが限られているためしにくいです。

スマホ入力は、ケータイ打ちとフリック入力があります。慣れるとフリック入力の方が早く文字を入力できます。

ただ、キーボード入力に比べるとどうしても遅くなるしやりにくいです。

スマホを横向きにして、フルキーボード入力にすると少し早く文字入力ができるようになります。

また、音声入力にすると文字数が少なければ手打ち入力よりも早くなる可能性があります。ただし、文字数が多いと、誤入力が増えます。

スマホをパソコンのように使いこなすための秘訣

スマホをパソコンのように使いこなすための秘訣は1つだけです。

それは、毎日のように使うことw。

スマホを使い始めると、よくわからないことが多いです。マニュアルは用意されていないことが多いし、マニュアルがあっても読んだだけでわからないこともあります。

スマホは、実際に使うことでしか覚えられないのです。

ただ、パソコンを使い慣れている人ならスマホは必ず使いこなせます。

なぜなら、スマホはパソコンほど複雑ではないからです。

それよりもまずは、苦手意識をなくして失敗を恐れずにいろいろなことを試してみることが大事です。

毎日1時間スマホだけを使い続ければ1ヶ月以内で、たいていのことはできるようになります。

習うより慣れろ。

これがスマホをマスターする秘訣です^^。

幸せポイント

「Chromeなら、パソコンでスマホ表示が超簡単」

パソコンでスマホ表示を見たいことって、たまにありますよね。

そんな時は、Chromeがとても便利です。F12キーを押すだけですからねw。

昔は、スマホ表示をさせるためにソフトをインストールする必要がありました。

このようなソフトは、滅多に使わないので、ハードディスクの無駄になりがちでした。

その点、Chromeならウェブブラウザーとしてよく利用するソフトなので問題ありません。

ただし、この方法はFireFoxやIEを利用するユーザーにとっては、わざわざChromeをインストールしないといけないので面倒だと思います。

その場合は、ブラウザーをChromeに切り換えるか、専用のアドオンやユーザーエージェントを追加する方がいいでしょうね(*^▽^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP