急に大をしたくなった時、どうやって我慢すればいい?

トイレ

急にお腹の調子が悪くなることってありますよね。

しかも、大きいのをしたくなったら最悪!!

トイレが近くにあればいいんですが、そうじゃない時、
トイレに入るまでは、なんとか我慢するしかありません。

子供の時は、もらしてしまったこともありました。

そんな時は、風呂場でコッソリと処理w。

でも、大人になったらさすがにもらせませせん。

大便を我慢する方法

私の場合、たいてい朝に大きいのを済ましてしまうので、
外で大をしたくなることはほとんどありません。

しかし、たまたま朝に大が出なくて外出したり、お腹の調子が
悪いと大をしたくなることもあります。

そんな時、トイレが近くにあるといいんですが、必ずしも
都合よくトイレがあるわけじゃないです。

一番いいのは、デパートとかのトイレ。きれいで清潔ですからね。

外だと公園にトイレがありますが、紙がなかったり汚れていて
使う気にはならないこともあります。

トイレがどうしても見つからない時、トイレが見つかるまで我慢をする
しかありません。

我慢する方法としては、

・肛門に力を込めて力尽くで出るのを止める
・何か他のことを考えて気を紛らわす
・動き回って気を紛らわす
・身体をつねったり叩いて気を紛らわす
・下痢止めなどで一時的にしのぐ
・etc

ただ、限界を超えてしまいそうなら、最後の手段として知らない家でも
店でもいいので、お願いしてトイレを貸してもらうしかありません。

急に大便をしたくならないための工夫

大便を我慢するような目に遭わないためには、普段から大便を急にしたく
ならないような工夫をするのがいいいでしょうね。

私も胃腸がそれほど強くないので、大をしたくなってしまうことがあるので
注意をしています。

それは、こちら。

・冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎたりしない
・夏でも腹巻きなどをしてお腹を冷やさない
・朝に大をなるべくする(意識すると出やすい)
・ヨーグルトを朝晩食べる
・消化の悪いものはなるべく食べない
・運動を定期的にして胃腸を健康に保つ

このような工夫をすると、急に大をしたくなることはかなり減ります。

また、どうしても大をしたくなる回数が多い時は、過敏性腸症候群などの
病気になっている可能性もあるので、病院で診てもらうといいでしょうね。

大便を我慢することのデメリット

もし、大便をしたくなったらすぐにするのが一番です。

でも、必ずしもすぐできる状況じゃない時もあり、難しいところですよね。

大便をずっと我慢すると、したくなくなることもありますが、こういうことを
ずっと続けるとデメリットがあります。

それは、

・便秘になる
・便臭が貯まる
・便が臭くなる
・下痢になる
・お腹が膨らむ

どれも嫌ですよね。

特に女性は、大便をするのを我慢しがちですが、したくなったらすぐした方が
美容にもいいです。

大便はどれぐらの回数が理想なのか?

大便の回数ですが、正常な回数は1日3回から3日に1回と幅が広いです。

私は1日1~2回ぐらいですが、友人は食べたら出ると言ってましたw。

大便がしたくなるかどうかは、脳が判断します。基本的には貯まってきて
排出しべき時に大便がしたくなります。

胃腸の消化がいい人ほど、回数は増えます。

排便する理想の回数は、一概には言えませんが、便秘や下痢になっていなければ1日1回でも、1日に3回でも大丈夫です。

幸せポイント

「大便の我慢はほどほどに。したくなったらすぐするのが一番」

どうしても大便を我慢しないといけないことはあります。

ですが、なるべく我慢しない状況にならないようにするのがいいでしょう。

私ががまんしなきゃいけない状況は、トイレが他の人間が使っていたりする時がほとんどです。

外でしたくなることは、年に1回もありません。なぜなら、意識して家で大便を終わらせてから、外出しているからです。

やっぱ、我慢はしたくないですからねぇ(*^▽^*)。

関連記事はこちら


PAGE TOP