今年の夏は暑すぎる!!有効な夏バテ対策とは?

真夏

暑い、暑い、暑い。

言葉にするともっと暑くなりそうw。

今年の夏は例年に比べて暑いそうです。その理由は、海水温が高いため。

これも温暖化の影響なんでしょうけど、このままだと夏バテになりそう^^;。

どうすれば夏バテしないで夏を乗り越えられるのか。

夏バテになるとどうなるのか?

夏バテになると、

・だるくなる
・食欲がなくなる
・イライラする
・やる気がなくなる
・立ちくらみがする
・便秘や下痢
・頭痛
・体温が高くなる
・etc

こんな状態になります。

なぜこうなるかというと、暑くて食べられなくなるので頭が働かなくなり、内臓器官や神経に異常をきたすためです。

そもそも人間の体温は36~37℃ぐらいなので、これに近い気温の中にいると温度調節をして体温を維持しようとします。

しかし、高い気温がずっと続くとこれができなくなり、身体がまともに動かなくなり、さらに体調が悪くなります。

そしてひどくなると、熱中症になります。

夏バテにならないために心がけたいこと

夏バテになってから夏バテ対策をするよりも、夏バテになる前に夏バテ対策をしておくほうがいいです。

夏バテにならないための対策はこちら。

1、部屋の室温を28℃以下にする(扇風機、エアコンなどの利用)
2、精が付く栄養価の高い食べ物をしっかり食べる
3、寝不足にならないようにしっかりと眠る
4、水分をこまめに補給する
5、シャワーで汗を流したり、濡れたタオルで汗を拭き取る
6、暑い時(昼間近く)はなるべく外出をしないようにする

私が一番効果があると思うのは1です。

まず、1ができていれば夏バテにはならないでしょう。

あと、食べ物も大事です。暑いとさっぱりした物が食べたくなりますが、そういう食事ばかりだと、スタミナがつきません。

肉、ウナギ、ニンニクなど精のつく食べ物を意識して摂るようにしたほうがいいです。

そして、暑い夏はいつの間にか水分不足に陥ります。普段よりも多めに水分を摂ることが大事です。

また、汗をかいたらそのままにはしないほうがいいです。身体が臭くなるし、虫などにも刺されやすくなります。

さらに、真夏の昼間は外の気温は35℃以上の猛暑になることもあります。このような時に長時間外にいると、熱中症になるリスクは高くなります。

必要がなければ、外に出ず家にいたり、涼しい場所にいるようにしたほいがいいです。

夏だって冷えにも注意

今は、どこの家庭にもクーラーがあります。それに、どこの店でも冷房が効いています。

だから、室内にいれば夏バテにはなりにくくなっています。

でも、クーラーでガンガンに冷えた室内に長くいると、逆に身体が冷え過ぎてしまって、体調を崩すこともあります。

特に、冷えに弱い女性や高齢者の場合、お店のクーラーの温度は低過ぎることがほとんどです。

このような場合に備えて、外出する時には、羽織る物を1枚持って行くといいでしょう。

また、腹巻きをしてお腹を冷やさないようにすることもおすすめです。お腹は一番大事ですからね。

それに、暑いからといってかき氷やアイスなどを食べ過ぎないようにしたほうがいいです。自分で思っているよりも、これらの食べ物は身体を冷やします。

幸せポイント

「夏バテ対策は、環境と食事でバッチリ」

暑い時、何もしないでいると夏バテになりやすいです。特に体力に自信がない人や高齢者などは、注意が必要です。

夏バテ対策の基本は、環境と食事です。

自分のいる場所の温度や自分の体温を下げるための工夫と、体力を維持するための食事が重要になります。

私はそうめんなどさっぱりした食べ物が好きですが、暑い時ほど、意識的にガッツリと栄養価の高いものを食べるようにしてます。

そうしないと身体が持たないからです。

「私は体力に自信があるから、夏バテなどしない」

と思っている人も油断しないほうがいいです。

若い時は大丈夫でも、歳を取ってくると体力はいつの間にか落ちていますからw。

関連記事はこちら


PAGE TOP